行政書士や弁護士に相談~法律のプロフェッショナル~

女性

難しい法律を解決

説明

相談する時にはどんなことに注意したらいいのか

人生何が起こるか分かりません。気がついたら、夫、あるいは妻の顔を見ることもイヤになっていた、そんなことも無いとは言えません。 そこで離婚相談を、となった時、まず最初に利用していただきたいのが家庭裁判所や行政の相談窓口、もしくは弁護士会の相談窓口です。その時に注意したいのは、まず自分の問題点をハッキリさせておく、ということです。離婚相談は、愚痴を言うための場所でも、カウンセリングでもありません。何をどうしたいのか、何が問題なのか、何が分からないのか、こうしたことを紙に書いてあらかじめ用意しておくのがいいでしょう。その際、何か具体的な証拠等があれば、それも用意しましょう。 離婚相談というと、つい感情に走ってしまうことがありますが、相手に具体的に自分の状況を伝えられるよう、気を配るのを忘れないようにしましょう。

離婚相談を活用して相性の合う弁護士をゲットする

それでは離婚相談でより良い弁護士を探すポイントはどんなものがあるでしょうか。 まず押さえておきたいのは、その弁護士がどのぐらい離婚ケースを経験してきたのか、ということです。言ってみれば場数を踏んでいるかどうか、ということになります。離婚というものは100組いれば100通りの状況がありますので、どうしても経験値がものを言う、という側面があります。 それから、いくら経験があったとしてもこちらの言っていることや、思っていることに耳を傾けてくれないような人は、やはり避けた方がいいでしょう。この辺りは相性ということにもなるかと思います。相性の良い人を選びたいものです。 こうした弁護士とうまく巡り会うためにも、やはり離婚相談を何度も重ね、実際に対面して確認することが大切です。 離婚は一大事業です。その一大事業を成功させるために、離婚相談を活用しましょう。弁護士に相談することが出来るのは離婚相談だけではなく、その他にも色々なトラブルや悩みも対処してもらうことが可能です。また、弁護士以外にも法律のプロは存在するもので、その中の一つに行政書士があります。行政書士は基本的に手続きなどを依頼することが出来るプロになっており、例えば身近なもので言うと車庫証明などがあります。駐車場を利用する場合に必要不可欠となる車庫証明ですが、行政書士に依頼をすることで申請代行をしてもらうことができ、煩わしい手続きの手間を省くことが出来るのです。

多い悩み相談

スーツ

好きな人と結婚しても全ての人が円満に過ごすわけではなく、何らかの理由で離婚してしまうカップルは少なくありません。そのため、離婚を考える人もいますがスムーズに進めることが出来なければ弁護士に離婚相談をすると良いでしょう。

詳細を確認する

無料で相談が出来る

説明

離婚相談をすることが出来る場所は多いのですが、最近は弁護士が初回無料相談を行なっているところも多くなっています。そのため、費用面を気にすることなく法律のプロに相談することが出来るでしょう。

詳細を確認する

慰謝料を請求する

女性

離婚する原因がDVやパートナーの不貞行為であった場合、慰謝料を請求することが出来ます。しかし、慰謝料や養育費などで揉めてしまうことも多いので弁護士を通して解決する方が良いと考えられます。

詳細を確認する